トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ミートソース  >  ラザニア

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます | トップページへ戻る | ピザトースト ~ in ジェノバ ~

このページのトップに戻る

ラザニア

2009年12月13日

寒いこの時期、やっぱり食べたくなりますよね
特製ソースで作って、お店の味を召し上がれ
ラザニア とりわけ
< 材料:3~4人前 >
・特製ミートソース 4~5人前 
     (ソースはたっぷりめがオススメ)
・ベシャメルソース(ホワイトソース)
   ・バター  50g
   ・薄力粉  40~50g
   ・牛乳   500cc
   ・ブイヨンorコンソメ キューブ1個 
          (私はマギーブイヨンを使用)
     (あらかじめお湯50ccで溶いておく)
   ・塩コショー 少々

ラザニア 6~8枚(今回はディチェコを使用)
 
・パルメザンチーズ   適量
・モッツアレラチーズ  1個(1玉)
            (薄く小さめに切っておく)
・とろけるチーズ    適量
・パン粉        お好みで
・フランスパン     お好みで


< 作り方 >

 たっぷりの沸騰したお湯に塩を入れ、ラザニアを強火のまま5分茹でる。
 (お湯に油を大さじ1加えると、ラザニアがくっつきにくくなります)

 ベシャメルソースを作る。
 ・鍋にバターを入れ、弱火で溶かし火を止めて薄力粉を加え
  滑らかになるまで、木べらで混ぜる。
 
 ・再び弱火にして牛乳を少しずつ注ぎながら混ぜ合わせる。
  *この時、牛乳を加える度に、粉と牛乳が完全に混ざるまで
   毎回よく練ってから、次の牛乳を加えること。
   そうすることで、ダマになりにくくなります。
 
 ・全体がなじんだら、溶かしたブイヨン、塩・こしょうで味をととのえる。

 耐熱容器にミートソースを薄く敷く。

 茹でたラザニア→ミート→ベシャメルソース→モッツアレラ→パルメザン
 →ラザニア→ミート→・・・と順に繰り返し重ねていく。
 (重ねるときのソースは気持ち多めの方がおいしいですよ)

 最後はミート→ベシャメル→モッツアレラ→パルメザン→とろけるチーズ
 (+お好みでパン粉)を乗せ、常温または冷蔵庫で15分以上なじませる。
 180℃~230℃のオーブンで約20分焼く。
 (表面に適度な焦げ目がつく程度)

< ポイント >
*ラザニアのイメージとしては、パスタを食べるというより、ソースを食べる感じなので、
 ソースを多めに用意したほうが、圧倒的においしいですよ。
 フランスパンなんかを添えれば、きっとお腹も大満足

*ベシャメルソースを作る作業が面倒な人は、バターを少々とかした生クリームを
 ミートソースの上にかければ、かなり近い味が出せます。

< こんなラザニアも・・・>

*特製スパイシーミートで作るとまた違った味が楽しめます。

*ラザニアが手に入らない時や、コストやカロリー部分で気になる方は、ラザニア生地の代わりに「お豆腐」を使ってもいいかも。その場合、しっかり水抜きはしてくださいね。

*翌日のラザニアもまた味がなじんで、美味しいよ。

☆ラザニア含め、各種パスタは当店でも販売していますので、お気軽にお問い合わせくださいね。


励みになりますので下の「拍手」か「Comments」をぽちっと応援お願いします。それから、「Permalink」ってとこをクリックすれば、このレシピだけが印刷できるようになります。是非利用してみてね。 


  
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます | トップページへ戻る | ピザトースト ~ in ジェノバ ~

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

ぽもらぐ

Author:ぽもらぐ

最新記事

カテゴリ

fc2アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。