トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ジェノバソース  >  ペンネのクリームソース ~ジェノバ風~

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とろとろたまごのトマトピラフ | トップページへ戻る | お知らせがあります・・・

このページのトップに戻る

ペンネのクリームソース ~ジェノバ風~

2008年11月09日

大変長らくおまたせしました。バザーでは遊びにきてくれた方、ありがとうございました。おかげさまで大盛況に終わり、皆さんの率直なご意見も聞けて、私的には有意義なイベントでした。
やっと落ち着いたのでこれからまじめに更新していきます。
今後も皆さんもオススメの食べ方が見つかったら是非教えてくださいね。

クリームペンネ ~ジェノバ風~
< 材料:2人分 >
・ペンネ        160~200g(80~100g/1人前) 
・生クリーム(動物性) 150cc位 (3/4パック)    
・粉チーズ       大さじ2~3 ←お好きなだけ 
・塩コショー      適量
・水または茹で汁    30ccぐらい 
  
・特製ジェノバソース  0.5食分(15g)~1食分(30g) 
               ↑↑
               お好きなだけ

写真はパスタ250gです


< 作り方 >
①多めのお湯でパスタを茹でる(水2Lに対し塩大さじ1強)
②フライパンに生クリームを入れ、粉チーズ、水または茹で汁を加え、軽く塩コショーをしておく。
③②の生クリームを軽く火にかけ、味をよくなじませておく。
 (注意 この時、沸騰させないように!温める程度で十分ですよ)
④パスタが茹であがったらよく水を切ってから③にパスタを入れ、ソースと良くからませる。
 (この時はもう火にかけなくても大丈夫。火にかけ過ぎるとソースの水分が無くなるので注意)
⑤ここでジェノバを入れ、再びパスタとソースをよくからませる。
⑥最後に味を見て、必要なら軽く塩コショーをして、できあがり。


< ポイント >
*料理に使う生クリームは、高くても動物性を使った方が、とっても美味しくなりますよ。
*生クリームは沸騰させると分離し、見た目も美しくないし、味も油っぽくなるので、
 注意しましょう。
*④~⑥の間はなるべく火にかけないでくださいね。
 ソースの水分&ジェノバの香りが消えちゃいますよ。
*茹で汁を加えるのは、ソース内の水分が蒸発しすぎるのを防ぐため。

*食卓にジェノバソースと粉チーズも出しておき、お好みでかけながら食べてもいいかも。
 

< 知っ得ばなし >
パスタのアルデンテは、パスタを切った時に切断面に小さな白い芯が残っているのが見える状態の時です。アルデンテになったらすぐに麺を上げましょう。せっかく気づいても、もたもたしていると、あっという間にアルデンテは過ぎてしまいます。気付いてから20秒以内には麺を救ってあげましょうね。

ちなみにペンネの場合、アルデンテを確認するときは包丁で切ってみましょう。細い線が見えたらそれがベストタイミングです。(線が太い場合はもう少し、見えない場合は茹で過ぎだよ)
スポンサーサイト

とろとろたまごのトマトピラフ | トップページへ戻る | お知らせがあります・・・

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

ぽもらぐ

Author:ぽもらぐ

最新記事

カテゴリ

fc2アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。