トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  トマトソース  >  ボンゴレロッソ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわさのバジルパン | トップページへ戻る | みんなの声 10/14版

このページのトップに戻る

ボンゴレロッソ

2008年10月16日

ボンゴレロッソ
< 材料:2人分 >
・パスタ      200g(100g/1人前)←オススメは1.6mm
・特製トマトソース 2人分(160g/1食)
・あさり(殻付き) 1パック ←1パックで3人分は作れます
・ニンニク     1片
・オリーブ油    大さじ2
  またはサラダ油               
・白ワイン     30cc位 ←無ければ日本酒でも可
・水または茹で汁  30~40ccぐらい   
・塩コショー    適量
・必要に応じてタカノツメ 1本



< 作り方 >
①あさりは砂ぬきし、時間がきたら調理を開始する前にザルにあげておく。
  (砂ぬきは、海水程度の塩水にひたし30分くらい放置)
②多めのお湯でパスタを茹でる(水2Lに対し塩大さじ1強)
③ニンニクはスライスする。
④フライパンにオリーブ油を入れ、ニンニクスライスを投入し弱~中火にかける。
 (ニンニクの香りをじっくり油に移してね)
⑤ニンニクがほんのりキツネ色になってきたら(タカノツメと)ザルにあげたあさりを
 入れ、ここから強火にし、すぐに白ワインを投入しフタをして蒸し焼きにする。
(酒蒸しの要領で) 
⑥あさりの殻が全部開いたら、トマトソースと茹で汁を投入、軽く塩(コショー)をして、
 ソースが温まるまで混ぜながら全体をよくなじませる。
⑦パスタが茹であがったら⑥のソースにパスタを入れ、良くからませる。
⑧最後に味を見て、必要なら軽く塩コショーをして味を整えたら、できあがり。

< ポイント >
*あさりは絶対殻付きにしてください。殻付きあさりには、冷凍のあさりに無い、美味しい
 ダシが入ってますので。そのダシが無くちゃ、これは作れませんよ。
*あさりは火を入れすぎると身が固くなるので、殻が開いたらその後の作業はすばやくし、
 なるべく早く火から下ろすのがポイント!
*前にも書いたけど、茹で汁を加えるのは、ソース内の水分が蒸発しすぎるのを防ぐため。
*パスタを入れる前の塩コショーは、少しにしましょう。あさり、茹で汁、ソースの塩分を考えてね。(特に薄味好みの人は、入れなくてもいいくらいかも)
*他に加える具材として、ツナ、エビ、イカ、タコ・・・な~んか入れちゃうと、いわゆる
 「ペスカトーレ」に変身しちゃいますよ


< 知っ得ばなし >

*魚介のパスタには粉チーズは基本的にあまり入れません。
 なぜかは・・・多分合わないからだと思いますよ。
 でも、チーズ好きの人はお好みでどうぞ

*タイトルの「ボンゴレ」は、あさりの事。「ロッソ」は赤という意味です。
 ワインでもロッソと言えば赤ワインの事ですよね。
 逆に白は「ビアンコ」と言います。
 「ボンゴレビアンコ」と言えば、あさりのオリーブオイルパスタの事ですよ

スポンサーサイト

うわさのバジルパン | トップページへ戻る | みんなの声 10/14版

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

ぽもらぐ

Author:ぽもらぐ

最新記事

カテゴリ

fc2アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。