トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  デイリー NEWS  >  3・11 大震災

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

延期になっていた 「HANDMADE まーけっと」 について | トップページへ戻る | HANDMADEマーケット Vol.1 開催します

このページのトップに戻る

3・11 大震災

2011年03月21日

ブログ、ほったらかしですみません。とてもブログを書く気になれなくて…。

3月11日(金)は、前からお知らせしていた、雑貨店の準備に追われていて…。
商品のディスプレイをハンドメイド作家さん達5人と一緒に、「これ、カワイイ~♪」とか言いながら、楽しく並べていました。もうそろそろ、終わりかな…と思った時、それは突然やってきました。

日本の歴史史上最悪最強の巨大地震が……。

震度7の「東北地方太平洋沖地震」が…。鹿嶋では最高震度6強を記録して…。

すぐみんなで建物の中は危険だと判断し、比較的広い駐車場に移動。
そしたらすぐにまた大きな揺れが…。
「グゥオ~~」って遠くからの地響きとともに、空からは「ヒョ~~~」って不気味な音をたてながら。
正直、世界崩壊のハリウッド映画のワンシーンに自分がいるような感じ。
電線は大縄跳びみたいだし、車は大黒ふ頭にあるヤン車みたいに上下左右に踊ってるし、空気は歪んで見えるし、遠くで黒煙がモクモク上がってくるし…。

2回目の地震がおさまった時、
「もうすぐ子供の下校時刻だし、次の地震が来る前に、帰れる時に帰ろう!」って話になり、即効で会場をあとにし、それぞれ自宅へ帰った。
会場が比較的海岸に近いので、津波の心配もあったのですが、幸い、会場近くの友人が、翌日会場の様子を報告してくれたのですが、外も外傷は見当たらず、中も無事だという事だったので、少し安心。

その日、家族は無事だとわかって、ほっとしたのもつかの間、家に帰ったら断水に気付き、ふろ水をとっておいたので、(←とは言うものの、ただ単に風呂掃除してなかっただけなんですけど…)トイレに使ったり、手洗いに使ったり。子供は「きたな~い!」って最初は言っていたものの、状況を察したのか、間もなく文句言わなくなりました。そして夜は…テレビニュースを大音量でつけっぱなしにして寝るものの、強い余震が何度もあり、その度に全神経を集中させて安全を確かめ、また横になる…。

正直寝た気がしなかったよぉ~。

生後1ヶ月の赤ちゃんに2時間おきにミルクをあげてた時よりも…。


同じ体験をした人も多いかと思いますが、地震の度に全身鳥肌がたち、あの惨事がよみがえる。この私がですよ~~~~。私の性格を知っている人は、きっと驚くとおもいます。いつも適当だし、なんとかなるさ的考えの持ち主ですから。

まっ、うちは断水も2日後には解消されましたが、震災から1週間以上たった今でも、県内まだ断水のところはあり、隣町は電気も復旧できていないらしい。おまけにこの辺は車がないと買い物も行けない地域なのに、ガソリンも足りない。やっと辿り着いたスーパーには数日前までは入るのにも行列で、本当に欲しいものは即完売。


ライフラインは通っても、まだまだ不自由はあるが、忘れてはいけないのは、ここ以上に被災地の現実。

一日3回の食事で毎回一人1個のおにぎりとみそ汁だけ。氷点下の気温の地域なのに燃料が無いために暖房もつけられない現実。避難所で一時的にしのいでも、壊れた自分の家は自分でなおさなくてはいけない現実。
そして親族、友人知人との別れ…。

県内や隣の県なのに…。同じ日本なのに…。

こちらは、帰る家もあり、スーパーに行けば、食べ物も贅沢言わなければ、何でもある。最近は乳製品だけは朝一番にしか買えないけど、米も肉も魚も野菜も果物は普通にある。

「このスーパーごと、被災地の福島や宮城などに持って行けたらいいのに…」って考えちゃいますよ。

せめて自分たちに出来ることは何か、もちろん、募金も有効な手段だけど…、節電、スーパーでの買い控え、ガソリンの無駄使いをやめる事(近所なら自転車や徒歩での買い物する)……など。それは小さいことかも知れないけど、沢山の人が、少しずつ協力することによって、驚くほど大きなパワーとなって、多くの人を救うことになる。

私も、今自分ができることをやろう…って思って、節約生活してると、何も言わなくても自然に子供達に伝わってる気がする。どんな小さなことでも、大人の行動を、子供はちゃんと見てるんですよね。

どんなに困難な事があっても、立ち止まっていては何も始まらない。常に前を向いて、自分を信じて行動できれば、きっとまわりの人が助けてくれる。どんなに絶望を感じても、生きていれば何でもできる。被災者の方々が、そんなメッセージを伝えてくれている。それを絶対無駄にしちゃいけない。

次世代の子供たちの心に、深く刻まれるように。


被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げると共に、
被災地の一日も早い復興を祈ってます。

P.S: 3月13・14で予定していた「HANDMADE マーケット」は、延期となっております。必ず開催いたしますので、もうしばらくお待ちください。鹿嶋や神栖市内のライフラインの開通やガソリンの普及等、日常生活がある程度安定した頃を目標に、開催できたらいいな、と思っています。開催が決まったら必ず、ブログ内、メール登録されている方へはメールでお知らせします。
スポンサーサイト

延期になっていた 「HANDMADE まーけっと」 について | トップページへ戻る | HANDMADEマーケット Vol.1 開催します

このページのトップに戻る

コメント

Re: 冷凍ソース

コメントありがとうございます。ホント、ヤバかったですよね。お子さんは無事に終了式できましたか? メルアド登録していただければ、雑貨店開催などのDM配信していますので、必要ならお知らせくださいね。

冷凍ソース

1月末に幼稚園で『待ってぇ!』とそ~す屋サンに走り捕まえたな○ばデス。
本当に恐ろしい経験をしてしまいました。私も娘も園庭で。震えました。身体も心も。
今日はその幼稚園に終業式に二人で行きます。果たして、娘は私と離れられるか?
地震後、おにぎりばかりの毎日でした。贅沢に、おにぎりに飽きた頃、冷凍庫にそ~す屋サンのソースが入っていて、パスタにかけて食べました。食欲不振だった家族が『まだある?』とおかわり。元気が出ました。
また、落ち着いたら、注文させて下さいね。被災地の友人にも送りたいです。(彼女はご主人を亡くしました)
お腹いっぱい、美味しい!!!を感じることが出来、幸せです。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

ぽもらぐ

Author:ぽもらぐ

最新記事

カテゴリ

fc2アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。